キャッシング

無職(失業者)のための金策指南

お金を借りるお手伝いをさせていただきます

古本の販売

 お金がない時、直ぐに換金が出来るのが古本の販売です。最近はネットの普及で多少陰は薄くなっているようですが、読み終えてただ本棚を埋めるだけの古本がお金に換金できれば、つらい貧窮時をしのぐことが可能です。ただし、古本の適正価格は決まっていないので各店舗によって買取価格もまちまちです。したがって少しでも高価で買取をしてくれる古本屋をあらかじめチェックしておきましょう。また、絶版本、廃刊雑誌、初版本などは原価よりも高価で買い取ってくれますので、価値を秘めた本を無駄にしないよう、古本屋対策はしっかり行うべきです。絶版本や初版本などは一見大変な価値があるようですが、本の数は無数にあるだけにその全てを古本屋が掌握しているわけではありません。そのため、その本のジャンルの専門店に持参していかないと、その価値に気付かれないまま買い取られる運命になってしまいます。最近ではジャンル別に古本屋を紹介した古本屋マップというマニュアル本も製作されていますので、目を通されるとよいでしょう。

 廃刊雑誌は雑誌専門の古本屋、プレミア女優の水着写真などは写真集専門の古本屋、マンガはマンガ専門店。文庫本を少しでも高く売ろうと思えば、古本屋の中を見渡して文庫本の占める割合が高い店に売ることが肝要です。中古品売買は需要と供給が存在してこそ成立するものなので、文庫本目当てにくるお客が多いお店に売るほうが得策ということです。また、少しでも高価に売ろうと思えば、本のカバーを綺麗にとっておくこと。カバーは重要で、カバーがなかったり破れていたりすると買わないお店もあります。そして、綺麗なことに加えて、初版本とかを除けばできるだけ新しい本のほうがよいでしょう。一方、売れないジャンルは旅行関係や情報本など、古いと意味を持たないジャンルの本です。もしも価値がある本ならば、売る際に「この本はこういった価値があります」と説明することが肝要です。結果はどうであれ、専門店であってもお客が探していた本とかに目がいって、それ以外の本は価値を見落とすこともあります。

inserted by FC2 system