キャッシング

無職(失業者)のための金策指南

お金を借りるお手伝いをさせていただきます

賃貸契約を結ぶ

 アパートなどの賃貸契約を結ぶには、無職では厳しくなってきます。よほど信用のおける保証人をつけない限り、契約を締結するのは 不可能でしょう。そこで、派遣社員に登録するか、事業届けを提出して「自称自営業」という肩書きをつけるかして、まずは無職という現実から離れます。中には、現在職を探していますので決まりましたら届けます、という言葉で入居できる場合もありますが、それは 不動産しだいとなります。あまり大手の不動産屋ですと厳しいので、小規模の個人不動産をあたると良いでしょう。もしも保証人がいないようでしたら、保証人代行を利用することも可能です。料金はだいたい三万円前後となります。 また、消費者金融などの貸金業からお金を借り入れするにも、無職では融資を引き出すことはほぼ不可能です。

 これも同様に、派遣社員に登録するか、自営業になるかのいずれかの方法になります。借り入れする際の申込書には、 年収の欄を適当に350万円と記入しておきます。照会することはありませんので、バレません。借り入れをする額については、あまり大きな額ですと警戒されてしまいますので、50万円以内とします。

inserted by FC2 system